大好きな嵐の事を中心に 日々の出来事や思っていることを綴ります。
| Login |
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年09月14日 (水) | 編集 |
『神様のカルテ』 4回目の鑑賞に行ってきました!

今回は、嵐ファンじゃないけど
私が嵐さんに嵌っていることを、
「そういうのいいよね~ 羨ましいよ!」
と言ってくれる おとちゃんとご一緒しました。。

泣きモードに入らないようにって、意識してみたけど
安曇さんとイチ先生の病室での会話で、もうダメでした

鑑賞後のおとちゃんの感想。。
「翔くん頑張ってたね! いろいろと考えさせられる よい作品だね」
みたいなことを言ってくれたので ちょっと嬉しかったりしてね(ニコリ)
でも、翔ちゃんの髪型に違和感があったみたい・・・

今日はね、身内(息子とは言わない)の晴れ舞台を見てもらうような感覚で
上映中も、隣のおとちゃんの反応が気になって気になって
そんなことを気にしている自分に笑えたりして・・・でした(笑)

鑑賞後は、ランチして買い物してお茶して、一杯お喋りして
そろそろお夕飯の支度しなきゃって時間にお別れ。。

しばらくして、おとちゃんから こんなメールが・・・

日経の夕刊コラムで、作家の諸田さんて方が
「初嵐コンサートが期待に違わず魅力的だった」と書いてるよ
さすが嵐だね~ 

早速、私も新聞をひろげてみたしだいで。。

コラムのタイトルは『時代の寵児』
 
雑誌の仕事で嵐のコンサートに行かれた諸田さん
期待に違わなかったのは
観客席をうめつくした群衆や、華やかな舞台もおどろいたけど
5人の若者たちの魅力というほかない。と・・・
(以下、記事抜粋)

名前と顔がようやくわかるくらいしか嵐をしらなかったのに
コンサートが終わったときには息子の晴れ舞台に声援を送りつつ
誇らしげに帰ってゆく母親の気分になっていた

今、なぜ嵐が人気なのかといえば
歌にも踊りにも優れ、俳優やキャスターとして個々に活躍しながら
「普通の若者が一生懸命にがんばっている」ように見える
安心感があるからだろう

だれもが「元気」や「いい子」に飢えている
スポーツと同じ、若者が汗を流して「一緒にがんばろう」
と叫んでくれるのを持ち望んでいるのだ

こういう若者たちがいるなら日本の未来は大丈夫
やんちゃな5人組はひととき、心の憂さをふきとばしてくれた


さすが日経・・・ 
冷静に大人的に嵐さんを分析しお褒めいただいた感じです。

私も、息子の晴れ舞台をみる感覚のときがあるもんな~(笑)
(神カルの初日の時も今日も、まさしくそんな感じでした)

コラムを読みながら、嵐の5人を誇らしく思っていた私でした


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
ああ・・・素敵 本当に嬉しく誇らしいエピソードを届けてくれてありがとうございます。
私のまわりに日経を読む人がおらず 手には入らないのですが 本当に嵐さんたちがどんなに日本に幸せをふりまいてくれているのか とてもよくわかります やんちゃっていう表現がありがたいわ

2011/09/15(木) 21:20:01 | URL | さくら杏♪ #-[ 編集]
さくらちゃん。。コメントありがとうございます!

やんちゃな5人組に、ニコニコしちゃいました。

わが家は日経のみなので、新聞には縁のない私なんです(汗)
今朝のKIRINのCMもこのコラムも、主人が教えてくれるので助かってはいるのですが・・・
新聞も読まなきゃいけませんね(苦笑)




2011/09/16(金) 17:52:58 | URL | saki #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。